サービス終了した「METAL GEAR ONLINE 2」をまたプレイできるぞ!海外エミュレータサーバ爆誕!



hqdefault

PlayStation3ソフト「METALGEAR SOLID 4」に内蔵されている「METALGEAR ONLINE 2(以下MGO2)」のサービスが終了してかなりの時間が経ちました。公式のゲームサーバもクローズしてしまい、プレイができなくなってしまっていますが、それでも当時楽しんだゲームをもう一度やってみたいぁなと思うのは罪でしょうか。

そんな人に朗報、なんと当時のゲームプレイをそのまま再現(エミュレーション(以下エミュ))してしまった人が海外にいるのです。

MGO2の楽しさが忘れられない人は再度戦線復帰のチャンス。

 


とはいえ敷居はすごく高い

公式が既に終えたサービスを無理やり再現しようとするのですから簡単ではありません。電源入れてさぁプレイというわけには行きません。ここではMGO2エミュをプレイするまでの準備と作業を解説していきます。まず最低限必要なものを列挙します。

  1. インターネット接続された最近のパソコン(WindowsXP以降推奨)
  2. METALGEAR ONLINE 2 をプレイ可能なゲームディスク
  3. 2GB以上の容量のUSBメモリ
  4. カスタムファームウェア(以下CFW)バージョン4.80以上導入済のPlayStation3本体
  5. MGO2エミュプレイ環境を構築するためのファイル

以上です。ここでさっぱり意味がわからない人でもこの記事を読めばちゃんと分かるようになりますので安心して下さい。パソコンでダウンロードしたファイルをUSBメモリにコピーできればだれでもできます。

準備するものの説明

一つ目のパソコンは問題ないでしょう。コレすら用意できない人は残念ながらMGO2エミュをプレイするのは諦めたほうがいいでしょう。

「METALGEAR ONLINE 2 をプレイ可能なゲームディスク」は、「METALGEAR SOLID 4」か、MGO2のみを単独プレイ可能な 「METAL GEAR ONLINE」のどちらかがあればOKです。今でも両方中古で格安で手に入ります。MGO2エミュの実行はHDDに保存されたゲームデータをランチャ起動でいきなりMGOが始まりますので、どちらも差はありません。最終的にはゲームディスクは不要になります。

2GB以上の容量のUSBメモリも楽勝です。500円程度で買えます。

ここで一番難易度が高いのは「カスタムファームウェアバージョン4.80以上導入済のPlayStation3本体」でしょうか。理由はこの記事を参照

MGO2エミュ用PS3、どれを選べばいい??

ファームウェア3.55以下のPS3を入手していて、まだCFWを導入していない人はこちら

難しい、面倒くさいという人はMGO2導入済みPS3をお譲りします。下記のリンク先のページを見てください。
MGOエミュ用PS3 在庫状況

ここまでの物を全て準備できれば、もう成功したも同然です。残りの「MGO2エミュプレイ環境を構築するためのファイル」は後ほど入手先を解説します。

MGO2エミュ導入手順を順を追って解説していきますので、よく内容を読んで正しい手順で作業して下さい。

解説の続きはこちら



コメント

メールアドレスが公開されることはありません。