今年読んで面白かった漫画2015



白暮のクロニクル

不老不死の吸血鬼が普通の人間のように社会に溶け込み、お役所の保護下の元生活している現代が舞台。若い吸血鬼青年と普通の女が、吸血鬼ばかり狙う連続殺人事件の謎を追う。

異性の吸血鬼から血を吸われると「気持ちいいらしい」というお色気設定有り。作者は「機動警察パトレイバー」の『ゆうきまさみ』。

鬼平犯科帳(さいとう・たかお)

作者は「ゴルゴ13」でおなじみ『さいとう・たかお』。「火付盗賊改・長谷川平蔵こと鬼平」が江戸の平和を守る時代活劇。悪には容赦無い切れ者鬼平が時折見せる茶目っ気・人情がこの作品の見どころである。

僕だけがいない街

筆者は初めて読む、作者は『三部 けい』。漫画家志望の青年は特殊能力の持ち主で、自分周辺で不幸な事故が起きるときデジャブのように何度も時間逆行を行う。原因を特定し排除することで運命を変えられるのだが、ある日小学校時代に自分の学校で起きた「連続小学生誘拐殺人事件」の一ヶ月前に突然戻ってしまう。大人になっても犠牲になったクラスメートを助けられなかったことを後悔していた主人公は事件回避のため奔走する。

2016年1月、フジテレビ・ノイタミナ枠でアニメ化も決定している。

うさぎドロップ

祖父の葬儀で隠し子発覚・主人公が女の子と一緒に生活することになる。実写化・アニメ化もされた今更説明不要な作品。終始女性目線でのストーリー。女の子の母親のダメっぷりがこの作品唯一のリアリティ。

干物妹 うまるちゃん

ノーコメント。

性食鬼

化物VS人類の抗争に巻き込まれた地味な女子高生がこれでもかと言わんばかりにエロい目に遭うB級お色気SF。とにかく陰部にいろんなことをされてしまう可哀想な主人公。内容は陳腐だがガチ青年コミックに飽きている人の箸休めにオススメ。

シドニアの騎士

地球が崩壊し、人類の開拓地を求め宇宙に漂流している播種船シドニアが舞台の宇宙SF。ロボットSFモノにありがちな万能主人公無双という王道だが、この作品の魅力は世界観、人物とそれらを構成する細かい設定である。風の谷のナウシカのリスペクトを感じさせる作風、テンポ良いストーリーとやや食べ足りない感じのするラストが印象に残った。アニメ化もされており、原作が終了しても熱狂的ファンが考察合戦で熱い議論を続けている。






コメント

メールアドレスが公開されることはありません。