短縮 URL サービス Bitly を活用する



Twitter で WEB サイトのリンク、URL をつぶやくと自動的に短い URL に変換されます。 以下の様な長い URL も
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000PUZ5B4/ref=sr_1_4?ie=UTF8&keywords=%E3%82%AA%E3%83%8A%E3%83%9B&qid=1415104321&redirect=true&sr=8-4

http://amzn.to/1ztJUlp

こんなに短く!

これは短縮 URL サービスが出力した URL です。短い URL にアクセスすると、 URL 短縮サービスが元の長い URL にリダイレクト(転送)することでこれを実現しています。

今回はこの短縮 URL サービスの使い方と、更に高度な利用を可能にするアカウント登録、他のアプリケーションから呼び出す際の準備の方法を解説します。


使ってみよう

URL を短縮するだけなら簡単です。https://bitly.com/ にアクセスして、「Please a link to shorten it」と書いてある場所に短縮したい URL を入力して、右の「SHORTEN」ボタンをクリックします。

bitly

短縮された URL が表示されます。簡単。

bitly0

更に便利な使い方 ~ 自作アプリケーションや WordPress プラグインで利用する

一度きりの短縮なら手動で十分ですが、API を活用すれば自分のアプリケーション等で 短縮 URL サービスを自動化できます。

API を利用するためにユーザー登録する

https://bitly.com/ の一番上にある「SIGN UP」をクリックします。

bitly2

Twitter や FaceBook アカウントと連携しているようです。

ユーザー名(英数字のみ)、メールアドレス、パスワード、パスワード(確認用)を入力後「CREATE ACCOUNT」をクリックします。これでユーザー登録は完了。

全ての機能を利用するため、アカウント認証を行う

右上のアカウント名をクリックして以下のメニューを表示、「Setting」をクリックします。
Bitly 設定

まずは登録メールアドレスの照合を行います。「PROFILE」タブをクリックし、「Your email address is not verifired」の部分の「Click here.」をクリック。登録メールアドレスに認証用 URL が記載されたメールが届きます。

bitly4

届いたメールの最初のリンクをクリックしてブラウザに表示させます。

bitly5

以下のように表示されて認証が完了します。

bitly6

API を呼び出すのに必要な Legacy API Key、Generic Access Token を確認する

再度右上のアカウント名をクリックし、「Settings」をクリック

ADVANCED」タブをクリック

一番下の「API key:」をメモしておきます。これが Legacy API Key になります。

OAuth Applications」という項目下の文の後にある「here」をクリック

bitly8

アカウント認証を終えていないと、このようにパスワードが入力不可能な状態のままです。下に「メールでアカウント認証しろ」と書いてあります。

Confirm password:」にアカウント登録時に入力したパスワードを入力

Generate Token」ボタンをクリック

bitly10

表示された「Generic Access Token」をメモしておく

bitly12

これで API をアプリケーションで使用する準備は整いました。認証アカウントを持っていれば、使用した短縮 URL が何度クリックされたか等の統計情報も見ることができます。





コメント

メールアドレスが公開されることはありません。